肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS 小児甲状腺がんの恐怖

<<   作成日時 : 2012/04/01 03:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自然界での小児甲状腺がんの発症率は50万人に1人、あるいは100万人に1人といわれている。1986年にチェルノブイリ事故を起こした旧ソ連のベラルーシやウクライナでは、放射性物質による住民への健康被害の追跡調査を続けている。

 結果、事故後4年目の1990年前後から若年層を中心に健康被害が増加し、2000年頃までには、汚染地域に住む子供たちの小児甲状腺 がんの割合が、1万人に1人まで高まってしまった。

 「さらに高まったという報告もあるが、私には分からない。ただ、他の地域との比較から増えただけことは確実だろう」

 2月、ルクセンブルクで開かれた「オーフス会議」の会場で、ベラルーシの科学者は私にこう語った。

小児甲状腺がんの恐怖…隠された現実

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小児甲状腺がんの恐怖 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる