肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS 通風の症状については一言で痛い

<<   作成日時 : 2012/04/19 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

風が当たるだけで痛い!といわれる病気です。

通風の症状は、多くの場合(約70%)、足の親指の付け根が激しく痛み赤く腫上がります。

他の関節が痛む場合もあります。

いくつもの関節が一度に痛むことはありません。

この痛みは、血液中で増加した尿酸が結晶化し、関節に沈着し炎症するために起こります。

痛みの発作が起こる前に、前兆としてその部位のしびれや違和感を感じることも多く、節制や安静で発作を止めることができる場合もあります。

尿酸のもとになっているのがプリン体という物質で遺伝子のもとである核酸(DNA、RNA)の構成成分です。

急性の通風にかかり、尿酸値を下げる薬を使用した場合、まれに痛みが増すことがあります。

この病気は結晶誘発性関節炎の代表例で尿酸の代謝異常、すなわち産生過剰もしくは排泄(はいせつ)低下により尿酸が体内蓄積し、その結果、血漿(けっしょう)中濃度が上昇し高尿酸血症となり発症する疾患です。

プリン体を多く含むものを摂取すると、尿酸値が上がり、その尿酸が結晶化して関節に沈着します。

プリン体の多い食品は、動物の内臓系や、ビールなどです。

尿酸のもとになるプリン体の過剰摂取をさけることが大事です。

プリン体は、ほとんどの食品に含まれますので、食べすぎや脂肪、糖質、アルコール類は控えましょう。海苔や昆布、わかめなどの海藻類、もやし、じゃがいも、トマトなどは、尿酸の増加を抑えます。

通風の予防には一般的に食事療法が行われます。

一般の方にはどの食材が良くて、どの食材が良くない、という判断が難しいので、レシピブックやネットでレシピを探すことをオススメします。
風が当たるだけで痛い!といわれる病気

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
通風の症状については一言で痛い 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる