肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS ぎっくり腰の原因と治療

<<   作成日時 : 2012/04/07 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ぎっくり腰かなと思ったら・・・

ぎっくり腰の症状
疲労が重なったり、不意に不自然な動作をしたときに強い痛みが襲うことがあります。
一瞬にして強烈な痛みが走り、その姿勢のまま動けなくなってしまいます。

ぎっくり腰の原因
腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨の損傷で激しい痛みが起こります。特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からな仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こるギックリ腰です。

理由として骨盤を支えている筋肉が弱くなることによるズレと仙腸関節を構成する軟部組織そのものの機能を維持する栄養分の不足により、仙腸関節の体を支持する能力が低下し腸骨が後下方にズレるということが考えられています。

筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れや不用意に体をひねった、重いものを中腰で持ち上げた、前傾姿勢をとった時などに起こりやすいです。
長時間同じ姿勢、無理な姿勢、筋肉疲労、女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩んで、腰痛が起こる事もあります。ぎっくり腰
運動不足、肥満、全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事もあります。

骨盤を支えている筋肉が弱くなる原因には腰周辺の筋肉が疲労やストレスの蓄積により徐々に弱くなっていったりします。
またビタミンCの摂取が不足すると仙腸関節の支持能力が低下し関節がズレてギックリ腰になってしまう場合が多いです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自分で治す腰痛改善法
どこへ行っても治らなかった腰痛を 自宅で簡単治すことができた!腰痛改善の教材+サポート 腰痛アカデミー。腰痛の悩みとはこれでサヨナラです。 ...続きを見る
腰痛アカデミー
2012/04/19 08:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぎっくり腰の原因と治療 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる