肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS 脂肪の燃焼を促進することでダイエット効果は期待できる?カルニチン

<<   作成日時 : 2012/04/11 06:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

脂肪の燃焼を促進することでダイエット効果
◎カルニチンは脂肪代謝に不可欠な成分です。血液中の脂肪酸を細胞中のミトコンドリア内に取り込む働きをしています。ここで脂肪酸はエネルギーに変えられます。

◎脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞がありますが、カルニチンは褐色脂肪細胞を活性化することでリパーゼという脂肪分解酵素を分泌させ、脂肪をエネルギーに変換されやすい遊離脂肪酸に変えます。

◎以上の働きにより、運動によって体重を減らす際に、効率よく体脂肪をエネルギーに変換できます。

*
■心臓の働きを助ける
◎体内のカルニチンの98%は心筋と骨格筋に含まれます。狭心症、心不全、心筋梗塞の患者ではカルニチンの減少がみられ、摂取によって症状が最善されたという臨床試験結果が報告されています。欧米では心臓の働きを良くするサプリメントとして利用されています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脂肪の燃焼を促進することでダイエット効果は期待できる?カルニチン 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる