肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS 顎関節症を治す体操

<<   作成日時 : 2012/03/26 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

歯科医が推奨する、顎関節症改善体操を紹介しましょう。


この体操を行う際は、必ず担当医に相談し、痛みや違和感を感じた場合には無理をせずに中止してください。


顎関節症の分類によっては、この体操が有効ではない場合もあります。


必ず担当医の指示に従って行うようにしてください。

まず、5秒間、口を大きく開けます。


無理をしない程度にあけましょう。


次に、5秒間、上アゴを突き出します。


同じように下アゴを突き出し5秒キープします。


最後に下アゴを左右にずらし5秒キープします。


これを一日1回から3回、無理のない範囲で行ってください。


状態を5秒間キープすることが難しい場合には、3秒から始めましょう。


顎関節症を患っている方は、無理に動かすと痛みが悪化することもあります。


痛みのない範囲で行うようにしましょう。


このような顎関節症改善体操は、歯科医が直接指導してくれることもあります。


アゴのバランスを整え、正常な位置に戻すことで顎関節症の改善を図るため、出来るだけ毎日続けて行うようにしましょう。


顎関節症が疑われていて、まだ専門医の診察を受けていない方は、この体操をする前に必ず診察を受けてください。


状態によっては、アゴを動かすことで悪化の可能性もあるので、まずは担当医に相談をしましょう。体操

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
顎関節症を治す体操 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる