肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS 慢性気管支炎

<<   作成日時 : 2012/04/06 06:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

慢性気管支炎について紹介したいと思います。慢性気管支炎は痰や咳といった症状が2年以上連続して続き、毎年咳やたんの症状が3ヶ月以上継続するというのが慢性気管支炎です。慢性気管支炎の原因というのは色々あるといわれていますが、例えば慢性気管支炎の原因の一つにアレルギーが原因であるといわれています。また慢性気管支炎の原因には外分泌機能が低下していることによっておきているとも言われていますし、加齢によって慢性気管支炎が起こるといわれています。また呼吸器系に何らかの原因があった場合にも慢性気管支炎になりやすいといわれています。またタバコを吸っている人や大気汚染、そして有毒ガスによっても慢性気管支炎になりやすいといわれています。慢性気管支炎の症状はどのような症状が出るのかというと、慢性気管支炎では頚動脈が腫れます。そして慢性気管支炎の症状では呼吸困難の症状が出たり、運動をすると息切れをするといった症状が出ます。慢性気管支炎は痰の検査をしたり、気管支造影を行ったり胸部X線検査を行って慢性気管支炎の検査を行います。場合によっては呼吸機能検査や心電図などで検査を行う場合もあります。慢性気管支炎の治療には、転地や転職・禁煙といった治療方法やネブライザーを吸入して治療を行ったり、抗生物質を服用することで慢性気管支炎を治療します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慢性気管支炎 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる