肝臓における中性脂肪の役割について

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪性リンパ腫治療とフコイダン療法

<<   作成日時 : 2012/04/19 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

悪性リンパ腫とはリンパ節に生じるがんで、これを発症すると、がん化したリンパ球が急速に増大し、患者は白血病と似た症状を示します。

リンパ腫を広義の白血病に含めることもありますが、白血病とリンパ腫では、がんが増殖する場所が異なります。白血病では主に骨髄または血液中でがん細胞が増殖しますが、リンパ腫ではリンパ節を中心としたリンパ組織の内部で増殖します。

リンパ腫は、「ホジキン病」と「非ホジキンリンパ腫」に大別されます。

悪性リンパ腫と抗がん剤治療

悪性リンパ腫の治療は、病巣を外科的に取り除くことができません。そのため、化学療法(抗がん剤による治療)が中心となり、がんの種類や病期によって異なりますが、一般に2種類以上の抗がん剤を組み合わせて投与します。
本人しかわからない副作用の辛さ

抗がん剤の副作用には、吐き気・嘔吐からくる食欲不振や疲労感など様々な副作用があり、その辛さは本人にしかわからない、想像をはるかに超えた苦しみです。

その抗がん剤治療との併用で苦しい副作用を軽減し、更なる改善効果で成果をあげているのがフコイダン療法です。
がん治療とフコイダン療法

がん治療において現代医学を補完する目的で2004年から吉田医院の吉田年宏院長が取り組んでいる療法です。

がん細胞の遺伝子変化に着目し、末期患者のQOL(身体的、精神的、社会的に自分自身が満足のいく健康状態)改善を図り、積極的な治療ができる状態に戻す意味においても評価を受けています。 NPO法人 日本統合医療推奨協会

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪性リンパ腫治療とフコイダン療法 肝臓における中性脂肪の役割について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる